Skip to content

月別: 2015年8月

7/19 おしえる珈琲:レポート

Maru(まる)による珈琲ワークショップが開催されました。

暑くなりつつあるこの日に、あえてのホットコーヒー。

自宅でも美味しい珈琲を入れるためのハンドドリップ講座です。

DSC_8496

マッテとポッケの2F。

最初は座学から入ります。

まるがいろんな豆の違いを説明しながら、飲み比べをしていきます。

DSC_8518

どういうところで購入した豆はどんな特徴があるんだろう?

意外と知っているようで知らない知識。

でもテイスティングをしながら特徴を比べると一目瞭然なのです。

DSC_8562

一通りわかったところで、後半は実践編です。

DSC_8774

ポットの持ち方、お湯の注ぎ方、力の入れ方、適切な太さ。。

「もう少しこうかな」と、優しく先生の指導が入ります。

なるほど、これは教科書ではわからないことですね。

DSC_8695

最後は参加者がそれぞれ入れた珈琲をみんなで飲みます。

同じ作り方なのにみんな違う味。

なんでこうなるのでしょう。

不思議なものです。

珈琲の奥深さとこつをつかみながらこの日は終了します。

第2回のおしえる珈琲は8/29(土)に予定をしています。

詳しくはイベントのお知らせでご確認くださいませ。

http://mtp-shop.com/eigyo

Coffee: Maru

http://cafekanata.com/

Photography: 増田岳穂

Leave a Comment

plus tuore Summer

IMG_3046

アクセサリーユニットplus tuoreのSUMMER撮影。

夏らしいアクセサリーと共に夏らしい素材が並んだ。

昔のシャンデリアパーツを使ったアクサセリー。

空や花を撮影して羽根へプリントしたピアス。

一点物が最近多くなった彼女たちはいつも新しく楽しい発見を与えてくれる。

2 9 16 18     40 55 60   77 92

Accessory: plus tuore

http://www.plustuore.com/

Photography: Jhonny Kogure

Prop Stylist: Maiko Akiyama

Leave a Comment

<終了>2015.9.21 おしえるインテリア

色の組み合わせって日常で考えることあるかしら。

そんな方も毎日のお洋服選びやお化粧で色を選んでいるはず。

近にありながら実は学んでないことが多いのではないでしょうか。

今回はインテリア中心に色の組み合わせをおしえる内容ですが、

最後には実践編としてファブリックパネルのワークショップを行います。

色のいろいろ、少しでも何かのお役に立てるはず。

もちろんファブリックパネルに興味がある方も大歓迎。

アットホームな内容になってますので、是非ともお立ち寄りください。

11246591_874707502644415_6170295800145482177_n

日 時:9/21(月)14:00〜

場 所:衣食住の店 マッテとポッケ

参加費: 2,000円

<内 容>

・色の基本知識

・素材による色の違い

・インテリア別・色の使い方

・【実践編】ファブリックパネルを使って色の組み合わせをしてみよう

講師:野口綾美

インテリアコーディネーターの資格を取得後、輸入ファブリックメーカーに勤務。

カーテンを中心にコーディネートのご提案。Me alice GRANDMA Projectでスタイリング活動中。

http://www.mealicegrandma.com/

<申込方法>

info@mtp-shop.com宛に、下記をお知らせください。

・件名「9/21ワークショップ申込み」

・本文に①お名前、②ご連絡先(携帯番号・メールアドレス)をご記入ください。

Leave a Comment

<終了>2015.9.13 おしえる写真

旅先で見た心踊る素敵な風景、友人と行ったカフェでのおいしかった食事、

日々大きく成長する子供の姿など、大切に残したい瞬間がたくさんありますよね。

このワークショップでは、そんな大切な瞬間、瞬間を、綺麗に写真に残していくために、

まずは押さえたい”撮影の基本”をお教えいたします。

日 時: 9/13(日)13時 〜 16時 ・9/27(日)13時 〜 16時

    ※2日に分けて行います。

場 所: 衣食住の店 マッテとポッケ galleryスペース

参加費: 3,500円

定 員: 6名
内 容: 以下のレッスンを、2日に分けて行います。

1日目(9/13)

・背景をボカした写真の撮り方

・自分の好みの明るさでの写真の撮り方

・学んだことを西荻窪内にて実践します

2日目(9/27)

・自分の好みの色味での写真の撮り方

・写真をもう一歩綺麗にする構図について

・学んだことを西荻窪内にて実践します

※実際に写真を撮っていただきながら、都度説明を交えてレッスンを進めてゆきます。

※天候により内容が変更する場合があります。

11933415_874704805978018_915864632230621722_n

【お持ちいただくもの】

・デジタル一眼レフ、ミラーレスカメラ(事前にお持ちいただくカメラ名をお教えください)

・カメラのバッテリー(バッテリーの充電を満タンにしてお持ちください)

・記録メディア(なるべく空の状態でお持ちください)

・カメラの説明書(お手元にあればお持ちください)

※なお、当日は屋外での撮影も行いますので、動きやすい靴でお越しください。

※カメラの貸し出しが必要な場合は、その旨ご連絡ください。

【こんな方にオススメです!】

・せっかく買ったデジタル一眼レフやミラーレスなので、オートモード以外を使って撮影をしたい方

・背景をボカした、綺麗な写真を撮りたい方

・旅先や休日などの思い出を、もっと素敵な写真に残したい方

※デジタル一眼レフ、ミラーレスをお使いの方を対象としております。

※デジタル一眼レフ、ミラーレスをまだお持ちでない場合でも、こちらでカメラをお貸しすることが可能です。

講師:Johnny Kogure(ジョニーコグレ)

2010年よりデジタル一眼レフでの撮影をはじめる。写真におさめた際の空気感の美しさに魅了され、

2011年よりフィルムカメラでの撮影をはじめる。

以降都内にてグループ展などを通して写真や写本、ZINEなどの作品の発表を行う。

http://johnny-kog.tumblr.com/

<申込方法>

info@mtp-shop.com宛に、下記をお知らせください。

・件名「9/13 ワークショップ申込み」

・本文に①お名前、②ご連絡先(携帯番号・メールアドレス)をご記入ください。

Leave a Comment

<終了>2015.9.5 おしえるアクセサリー

アクセサリー製作ユニットplus tuoreによるワークショップを開催します。

今回はいろんなシーンで使える、淡水パールとタッセルを使った2連ネックレスを作ります。

もちろん初心者大歓迎!ワイワイ楽しく自分好みのアクセサリーを作りましょう☆

日 時: 9/5(土)13時~16時(予定)

場 所: 衣食住の店 マッテとポッケ galleryスペース

参加費: ¥3,500 +1drink

定 員: 8名

内 容: 淡水パールやチェーンタッセル、羽根を使った2連ネックレス

※羽根などのパーツは数種類用意し、ご自身でお選びいただきます。

申込方法: plustuore@gmail.com 宛てに、下記をお知らせください。

・ 件名「9/5 ワークショップ申込み」

・ 本文に下記をご記入ください

①お名前 ②ご連絡先(携帯番号・メールアドレス)

講師の紹介:plus tuore

心をうるおす色とりどりのアクセサリーがコンセプトのアクセサリーブランド。

都内を中心にイベント出店、ショップ販売、ワークショップを展開中。
http://www.plustuore.com/

11951794_874701629311669_8216213723402724740_n

Leave a Comment

Do you like studying? oh…really…?

Styling With Books -6

整然と並べられた筆記用具と、釈然としない気持ちと。

この相容れない「道具」と「感情」の化学反応とは如何に。

  Styling With Books -3

 いわゆる「義務」を目の前にすると、ゲーム、漫画は当然ながら、

普段は見向きもしなかった掃除でさえ甘美な誘惑と化すから不思議だ。

全てを投げ出し、どっぷりとその誘惑に浸かる想像図を描きながらも、

ダメだ、ダメだ、と頭の中をかき消すように、ノートにペンを走らせては、消しゴムで後を追う。

ふいに、その消しカスのひとつを指先で細長く伸ばしてみては、こねる。

…そういえば、あの角にできたパン屋、いつもいい匂いがしてるなぁ…。

Styling With Books -2

走り始めて間もない思考はガタガタと脱線を開始し、いそいそと目的地を変更する。

ひとつの綻びをきっかけに、筆記用具は立派な遊具へと変貌を遂げる。

Styling With Books -1

残ったのは大いなる解放感と、ほんの少しの罪悪感、そして自らが発行した免罪符「ま、いっか」

明日はきっと、頑張るから。

Writing: Mari Nakamura

Prop Styling: Maiko Akiyama

Leave a Comment