Skip to content

スタイリング活動記:Plus Tuore

先日アクセサリーの納品に来たプラス トゥオレ(plus tuore)。

2人からマッテとポッケでフロフィール写真の撮影をしたい

というオファーをいただきました。

二つ返事で快諾し、開店前のお店でアクセサリデザイナー、

フォトグラファー、プロップスタイリストの4人チームを組んで

撮影に取り組みました。

1★1_4685_32

フォトグラファーはジョニー コグレ(Johnny Kogure)。

ジョニーはこの日ロシア製のフィルムカメラISKRA

という珍しい機種で撮影していました。

今はデジタルの画像処理でフィルターも簡単にかけられますが、

フィルム下ろし立ての写真は独特の風合いです。

2★2_4687_13

プロップスタイリストはマッテとポッケの店長でもある秋山麻衣子。

プラス トゥオレを主役にしながらも、

アクセサリーとマッテとポッケの世界を融合させます。

3★3_4687_09

トゥオレとはフィンランド語で「みずみずしい、新鮮な」の意。

「めまぐるしい毎日だとついつい心の潤いをなくしてしまいがち。

そんな日々の生活に心の潤いプラスするアクサセサリーをつくりたい。

女子ってキラキラするものやヒラヒラするものが好きだったりして。

そういうものをアクセサリーに取り入れている。」

と2人は語ります。

4☆4685_30

撮影には実際アクセサリーに使う素材や道具を持参。

スワロフスキー、コットンパール、羽根、レース。

女子心をくすぐるキラキラ、ヒラヒラするものがいっぱいです。
5★6_4685_17

スタイリング中の様子。

素材、生花、小道具、古道具を組み合わせています。

アクセサリーのパーツはとても細かいので、

なくなってしまわないか緊張が走ります。

6☆4687_08

トゥオレが「みずみずしい」という意味を聞いて

どうしても水を取り入れたスタイリングをしたかった秋山。

入れ物をいくつかセレクションをして、プラス トゥオレに

2人っぽい水を色で表現するようお願い。

7★4_4685_19

8★5_4685_23

色づいた水は2人を象徴したような鮮やかさを放ちます。

中央に見えている羽根のピアスは

「マッテとポッケに置いてもらうためにつくった」という作品。

店舗限定品として販売されます。

柄がプリントされた羽根がチェーンと共にゆらめくピアス。

柄は全て異なり、全部一点物だそうです。

9☆4687_16

91☆4687_25

笑いが絶えないプラス トゥオレの2人。

2ショットの撮影時はお互いギャグで笑わせ合うという戦いが行われました。

結局一番笑っていたのはカメラマンのジョニーで、

手ぶれの入った写真がいっぱい撮れたとのこと。

本当に仲がよくて羨ましい限りです。

92★4686_27

今後の活動も楽しみにしています。

93☆4687_34

—–

Accessory: plus tuore(プラス トゥオレ)

http://www.plustuore.com/

Photography: Johnny Kogure(ジョニー コグレ)

Prop Styling: Maiko Akiyama (秋山 麻衣子)

—–

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です